ACTIVITY

活動報告

成長期について

2020/06/17
野球部

こんにちは、ココフルの今井です。

6月も中旬を迎え、やっと福岡の子供たちも学校再開となり、

少しずつカラダも学校体制に慣れて来たころではないでしょうか?

しかし、新1年生はまだまだ緊張感の中、学校に登校していることと思います・・・。

 

私も先日、高校野球部のトレーニング指導が再開し、

新入生(新入部員)にトレーニングの

オリエンテーションセミナーを行ってきました。

みんな初々しい表情をしており、真剣にセミナーを聴き、

今後が楽しみになりました♪

 

野球部員にとってトレーニングとは何か?

走り込みは必要なのか?

こんな内容を話してきました!

 

 

さて、今回は「ゴールデンエイジ」についての内容です。

高校1年生はゴールデンエイジは過ぎてしまっているかもしれませんが、

ちなみにインディペンデントエイジと言われる時期に当たりますが、それは後ほどお伝えするとして、

キッズの情報と言えば、まずは発育発達、成長についてからだと思いますので、

今回この機会にご紹介したいと思います。


 

ゴールデンエイジという言葉を聞いたことはありますか? 

お子様がスポーツをされているのでご存知かもしれませんが、名前だけ聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。

ゴールデンエイジというこの時期は

生涯を通じて、9~12歳頃に一度だけ訪れると言われています。

具体的には、

・動きの巧みさを身につけるのに適した時期

・筋肉が未発達なために、強さや速さに対するカラダの準備は不十分で、筋肉系のケガに注意が必要

このようになります。

ハイリスク・ハイリターンな成長時期だと言えますね。

指導者の皆さんは、このことを念頭に置きながら指導しないと

子どもたちの大切なカラダが大変なことになってしまいます!

 

もちろん、ゴールデンエイジ前後にも

カラダの発達にさまざまな特性がありますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

≪ プレゴールデンエイジ(8~9歳ごろ) ≫

・成長過程で神経系の発達がほぼ完成に近づき、物事を短時間で覚えることのできる時期

・たくさんの神経回路を作ることが大切な時期なため、スポーツの種目性に限らず、遊びやゲーム形式の中で、多くの動きを経験することが重要

・面白くないとすぐに飽きが来てしまう事が多くなる。

 

確かに小学1年生くらいだと、すごく熱中はするものの

飽きがきたら、

あれ?

という間に、もう他のことに取り組んでいたりしますね。

 

 

≪ ゴールデンエイジ(9~12歳ごろ) ≫

 上記の通りです。

 

≪ ポストゴールデンエイジ(13歳以降) ≫

・筋肉や骨格が急速に成長するため、速さ・強さの向上に適した時期

・急速な成長により体がアンバランスになり、身につけた技術が一時的にできなくなったり、上達に時間がかかったりする

・思春期に入ることや体力的な差が出やすい時期

 

小学校を卒業し、中学生になってくると声変わりもしたり

少しずつですが、体は大人に近づいて大きくなってきますね。

女の子は特に成長が早いです。

 

≪ インディペンデントエイジ(15~16歳ごろ) ≫

・特にパワー向上に適した時期です。

・精神的・肉体的にも安定してくるため、個性を発揮しやすくなります。

 

男の子は男性らしく、女の子は女性らしく心も体も段々と成長が加速する時期ですね。

特に男の子の部活動生は、このころから筋トレでパワーをつけるようなトレーニングをします。

 

 

以上のように、子どもたちは成長時期に合わせて、カラダが少しずつ

変化していくのです。

それぞれの時期を把握し、それに合わせた指導を行うことで

子どもたちのポテンシャルをしっかりと引き出してあげることもできるのではないでしょうか。

子どもたちは、自分だけでは成長できません。

周りにいる人、モノなどの影響が非常に重要になってきます。

サポーターが必要なわけですね。

 

しかし、成長時期に一番大切なことは、ケガをさせないことだと思っています。

ケガと言っても突発的なものではなく、

やりすぎ! 無理をさせた! 

など、事前に防げるであろうケガです。

 

ケガをしてしまうと、例えばスポーツを頑張っている子は練習を休まざるを得ません。

そうなると、周りから後れを取ってしまいますし、そのことによるストレスも考えられます。

モチベーションが低下してしまいます。

こうなってしまっては、成長期などと言っていても意味なくなりますよね。

子どもは守りながら、成長させる!

これはスポーツだけに限りませんが、そうのように思っています。

 

先ほどお伝えした、高校球児たちも日頃から必死に練習に取り組んでいます。

どうしても無理をしてしまいがちです。

ケガをしていても、高校生くらいになると我慢して、それを打ち明けられない子もいます。

 

そうならないためにも、私たち、トレーナーや保護者の役割は大切ですね。

 

では、今回はこの辺りで。

ゴールデンエイジ!

成長時期に関して内容をぜひ覚えておいてください♪

ありがとうございました。