ACTIVITY

活動報告

腰と下肢の関係

2022/08/24
今井

こんにちは、プーラの今井です。

日頃より施術をしていると、私もそうなのですが、腰痛持ちの方が多いです。

まあ、日本人にとって腰痛は国民病ともいわれているようなので、

多いのは当たり前なのかもしれません。

そこでクライアントさんにお伝えしているのは、

腰と下肢、特にハムストリングの関係です。

簡潔に言うと、

腰痛持ちの方は往々にして、ハムストリングが硬くなっている。

逆にハムストリングが硬い方は、腰もめちゃ張っている。

ということです。

詳しい仕組みは、クライアントさんにはお伝えしているのですが、

経験的にも実際そうです。

ですから、私が思うに、まずは下半身の疲れや張り感など

腰痛があった場合でも、その部位自体にアプローチする前に、

優先順位があると考えます。

意外にも、腰が痛かったのに、ハムストを緩めただけで

腰痛がなくなった!なんて人もいます。

「腰は触ってないのに・・・」

「すごい・・・」

なんて思われたり。

全然凄いことではなく、実は当たり前のこと、関係性にあることなのです。

なかなか腰痛が良くならない方、ぜひ一度、下半身に目を向けてみてください!